経年劣化を理由に火災保険が適用されなかった…保険金請求のコツを解説!

query_builder 2021/09/02
火災保険
AdobeStock_210126112

火災保険が適用されない理由とは?

 

火災保険は火災以外にも、台風や大雪、落雷などの災害時や盗難被害の際も補償してくれる損害保険の一つで、補償の対象は建物と家財です。

 

つまり、住宅の破損原因が経年劣化によるものであった場合は火災保険が適用されません。

 

経年劣化とは

▪年月の経過に伴い、色褪せたり製品の機能が低下(劣化)すること

▪その使用者の落ち度に関係なく、自然に劣化してしまうこと

 

だからと言って「経年劣化=火災保険が適用されない」という訳ではありません。

それは、火災保険の補償内容の一つである自然災害によって破損した場合です。

 

特に屋根は経年劣化だけでは雨漏りはほとんど起きないと言われています。

 

しかし保険会社はできるだけ保険金を支払いたくないと身構えているケースは少なくありません。そのため、自然災害によるものか経年劣化によるものか、判断が微妙な場合は「経年劣化による損害」と判断されてしまう場合があります。

 

保険請求のコツとは?

 

では、鑑定人による査定の結果、火災保険が適用されないと判断された場合、どのようにすればいいのでしょうか。方法は以下の通りです。

 

鑑定会社や鑑定人を変更してもらう

保険会社の相談窓口へ相談する

専門的な知識がある保険のプロへ依頼する

 

鑑定人によって鑑定結果が変わることもあります。鑑定人を変えてもらったり、第3者を巻き込んだ判断も一つの方法です。

 

実際に経年劣化を理由に火災保険が適用されなかったが、当団体が再審査したことでしっかり受給されている方も多くいらっしゃいます。

 

関連記事 : 火災保険の個人申請は難しい?専門業者に任せるメリットとは?

 

火災保険申請するなら【一般社団法人 日本住宅再生支援機構】へ

 

当団体は火災保険の申請サポートを専門としております。経験豊富なプロの調査員による住宅診断や保険金の申請手続きにおけるサポートをしているので、約8割のご家庭で平均90万円以上の受給実績があり、自己負担のないリフォームが実現できています。

 

自然災害による被害にも関わらず、経年劣化による損害と判断されてしまってお困りの方や被害に心当たりのある方は、まずは無料の住宅診断からはじめてみてはいかがでしょうか。【一般社団法人 日本住宅再生支援機構】へお気軽にお問い合わせください。