今年から線状降水帯予測を開始…年々増える大雨の原因と対策

query_builder 2022/08/04
コラム一覧
大雨




毎年、記録的という言葉をよく耳にする大雨災害。

前の記事では、大雨による土砂災害について述べました。

ここでは、雨の基本知識と、最近ニュースでよく目にする「線状降水帯」、また大雨による災害や対策についてお話ししたいと思います。



大雨が発生する原因

雨は、上昇気流によって上空に持ち上げられた空気の中でくっつき合った水蒸気が、水滴となって空から降ってくる現象です。

特に、上昇する空気の温度が高いほど、上空で一気に水滴へと変わるため大雨となります。

夏に雨が多く降る原因は、気温が高いため海水や地上が暖められることで多く水蒸気が発生するためです。

そして近年は、地球温暖化による気候変動によって気温も上昇しているため、年々記録的な大雨が降りやすいという状況になってしまっています。  


日本の気候条件下で発生しやすい低気圧の代表例

台風…日本の南の気温の高い海上で発生する低気圧が発達したもの

停滞前線…季節の変わり目に温度差のある空気がぶつかり合うことで発生する留まった低気圧(梅雨や秋雨前線等)  


線状降水帯

低気圧や台風、停滞前線などいずれにおいても、同じ場所で非常に激しい雨が長時間降り続ける現象を「線状降水帯」といいます。

近年頻発している線状降水帯による大雨災害の被害を軽減するために、気象庁はこの線状降水帯の発生予測情報の提供を今年の6月より開始しました。


短期間に局地的に激しい雨が降るゲリラ豪雨とは逆ですが、線状降水帯はこのゲリラ豪雨のような雨が広範囲、長時間に渡って降り続ける集中豪雨をもたらす恐れがあるとても危険なものなのです。


気象庁による線状降水帯の定義は、

「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50~300km程度、幅20~50km程度の強い降水をともなう雨域」

とされています。


出典:気象庁|線状降水帯に関する各種情報の解説 より https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/kishojoho_senjoukousuitai.html  

ただ、予測の難しいものとされていて、開始間もなく発生した線状降水帯の情報が出ないなどの問題がすでに発生している課題の多い予測情報でもあります。



雨による被害例

長時間降り続ける雨によってもたらされる災害は、様々なものがあります。

自分の身の回りで危険の可能性がないか確認しておきましょう。  


大きい二次自然災害例

・土砂災害

・川の氾濫による洪水、浸水

・道路の冠水  


身の回りの被害例

・洪水や浸水、土砂災害による人、家屋への被害

・道路冠水による逃げ遅れや車の故障

・大雨による家の雨漏れや風、飛来物による窓ガラスの破損


大雨の時は…

警報級の大雨発生時には、身を守る行動をとるのが第一優先です。

そのためにも注意するべき行動を、必ず頭に入れておきましょう。  

・川、海に近寄らない

・地下や浸水の恐れのある場所に行かない

・冠水の恐れのある道路を通らない(アンダーパスなど)

・斜面や崖の近くにいかない   など     


また、家屋の被害を抑えるためにできる対策もあります。

・シャッターや強化ガラスに替える

・外壁のひび割れ、亀裂等の修繕(雨漏れ対策)

・屋根の劣化状況の確認(河原やトタンの飛来の恐れがないか)

・防水壁の設置  など    



日ごろからハザードマップで危険個所を確認しておく、非常用品を蓄えておくことは基本です。

その他にも出来る事前の準備・対策と、被災時の行動で減災につなげましょう。





防災・減災のリフォームについてのご相談は、【一般社団法人 日本住宅再生支援機構】にお任せください



防災・減災のリフォームについてのご相談は、【一般社団法人 日本住宅再生支援機構】へお気軽にお問い合わせください。