スマホで簡単!ハザードマップで自宅周辺の安全確認

query_builder 2022/07/08
コラム一覧
ハザード

日本政府は、過去の災害による被害の教訓から、今後の災害時の被害を最大限に抑えられるように日々調査を重ね、国民へ情報提供をしています。そこで近年では、防災や危機管理対策の一環として「ハザードマップ」の作成や更新が 緊急の課題となっています。


ハザードマップとは

ハザードマップという単語は、ニュースなどでよく耳にすることがあるのではないでしょうか。

ハザードマップとは、「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」のことで、各市町村がホームページで公開しています。

簡単に言えば、「自分の家の近くで災害の危険がある場所や避難場所などを知ることが出来る地図」です。

では、ハザード(危険)マップ(地図)が実際に何を示しているものなのか、皆さんはご存じでしょうか? ここでは簡単に確認できるハザードマップの活用方法をご紹介します。



スマホで見られる“ハザードマップポータルサイト”

国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」は、市町村が作成している各種のハザードマップを集約し、インターネット上で一元的に検索・閲覧できるようにしたポータルサイトです。

身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。 洪水・土砂災害・高潮・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図上に表示できます。


出典:ハザードマップポータルサイト https://disaportal.gsi.go.jp/



ハザードマップポータルサイトを使ってみた

実際にハザードマップポータルサイトを使って災害情報を見てみました。 ハザードマップポータルサイトトップページの「場所を入力」の検索窓に自分が調べたい地域を入れて検索すると、図1の地図が出てきます。(今回は横浜市西区で調べてみました。) 次に左側にあるアイコンで、知りたい災害をクリックすると図2のとおり結果が出てきます。(今回は、土砂災害で調べてみます。)

結果を見ていただくとわかる通り、色で災害リスク情報を表示してくれます。 左のアイコンの下に、危険度の詳細が色別に出てくるので、ここで自分の自宅や周辺地域の災害リスクを知ることが出来ます。 また、右下の人が駆けているマークのアイコンをクリックすれば、避難場所も表示されます。


図1


図2



ハザードマップを使ってみた感想

実際にハザードマップポータルサイトを使ってみた所、とても簡潔で使いやすいことがわかりました。 検索から表示まで文字も大きく、説明がなくとも画面を見ているだけで手順がすぐわかるような仕様にされているので、どの世代でも利用しやすいようになっているのだと理解できました。

そして検索してみて驚いたことは、身の回りのリスクの多さです。 図2で示したとおり、今回の土砂災害の結果では急傾斜地の崩壊リスクが各地にみられることがわかります。 何気なく生活している周囲の環境の中にも、すぐ近くに災害のリスクが潜んでいることに恐ろしさを感じます。

これを機に、自宅周辺や大事な人の周りの環境を調べ、災害発生時の危険回避ができるように準備をしておきましょう。


防災・減災についてのご相談は、【一般社団法人 日本住宅再生支援機構】へお気軽にお問い合わせください。